FURUSATO-DAISUKI化計画

会社概要お問い合わせサイトマップ

ホーム / フリーズドライって?

 

フリーズドライって?

フリーズドライおいしさのヒミツ

フリーズドライ(freezedry)製法とは凍結乾燥法といい、素材本来の色・味はそのままに、香りもしっかり閉じ込め保存する最新の食品乾燥技術です。
従来の乾燥方法では、高温で短時間に加熱する手法が使われていたため、栄養や風味などが失われていました。
フリーズドライではそのような欠点はなく、いつでも新鮮な味を楽しんで頂くことができます。

フリーズドライが出来るまで

お客様から頂いたレシピを元に、厳選された新鮮な素材を調達します。

品質管理が徹底された工場で原料の品質を入念にチェックし、素材の洗浄の後、調理します。

フリーズドライします。調理された味噌汁を-30℃~-40℃まで冷凍させた後、FD(フリーズドライ)装置へ。装置内の空気を抜いて徐々に真空状態へ近づけていきます。十分に水分を除いて完成です。

厳しい品質検査を行い、合格したものだけをパッケージへ封入し、出来上がりです。

フリーズドライの良いところ

フリーズドライ(冷凍乾燥法)のすばらしい点は、

栄養を維持

フリーズドライは高熱等による乾燥法とは違い、素材本来の栄養素を維持します。ビタミン等の栄養素の変化が少ないのもフリーズドライの特徴です。

携帯性に優れる

低水分であるため重量が軽く、携帯性にも優れています。


味や香り

低温化で乾燥していきますので、素材本来の色や味・香りを長期にわたって維持します。

長期保存に優れる

水分量数%程度の低水分まで乾燥するため、微生物の繁殖を防ぎ、常温での長期的な保存が可能になります。

その他、フリーズドライは多孔質に乾燥されるため、水やお湯が浸透しやすく復元性や溶解性に優れています。
このようにフリーズドライ食品は夢の食料なのです。

これからのフリーズドライ

フリーズドライは不要な添加物を含まず、天然の素材そのままの味や香りを楽むことが出来ます。体に優しい加工法として赤ちゃんの離乳食や、老人介護施設での食事などで活躍しています。
また、長期保存が可能で軽量なことから災害時の非常食や、NASAの宇宙食にも採用されており、今後フリーズドライはさらに多くの場面での活躍が期待されています。


 

▲ページの先頭へ

ホーム | フリーズドライって? | フリーズドライ見本市 | サンプル製作のご案内 | 会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ 

FURUSATO-DAISUKI化計画

Copyright (C) 2006 Katsuki Kenji Shoten. All Rights Reserved.